「『名医』と『迷医』の見分け方」筒井冨美著

公開日:  更新日:

 米倉涼子主演のドラマ「ドクターX」の医療アドバイザーも務めるフリーランスの麻酔科医が、100以上の病院を渡り歩いたからこそ見えてきた、いい医者を見つけるポイントを教える。

 病院のホームページで医師の出身大学を見ると、ほとんどの医師が同じ医大出身というケースがある。いまだに学閥が存在しているためだが、その中で別の医大を出た外科部長などを見つけたら、これは当たり。学閥のサバイバルを勝ち抜いた、確かな腕を持つ医師である可能性大だ。

 看護師と仲良くなり、院内の恋愛事情を聞くのもいい。見た目がダサいオヤジでも、医師は腕がよければモテる。逆に、イケメンなのに恋愛も不倫も情報がない医師は、看護師にモテないヤブかもしれないので要注意だ。(宝島社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る