「『名医』と『迷医』の見分け方」筒井冨美著

公開日: 更新日:

 米倉涼子主演のドラマ「ドクターX」の医療アドバイザーも務めるフリーランスの麻酔科医が、100以上の病院を渡り歩いたからこそ見えてきた、いい医者を見つけるポイントを教える。

 病院のホームページで医師の出身大学を見ると、ほとんどの医師が同じ医大出身というケースがある。いまだに学閥が存在しているためだが、その中で別の医大を出た外科部長などを見つけたら、これは当たり。学閥のサバイバルを勝ち抜いた、確かな腕を持つ医師である可能性大だ。

 看護師と仲良くなり、院内の恋愛事情を聞くのもいい。見た目がダサいオヤジでも、医師は腕がよければモテる。逆に、イケメンなのに恋愛も不倫も情報がない医師は、看護師にモテないヤブかもしれないので要注意だ。(宝島社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る