日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「『名医』と『迷医』の見分け方」筒井冨美著

 米倉涼子主演のドラマ「ドクターX」の医療アドバイザーも務めるフリーランスの麻酔科医が、100以上の病院を渡り歩いたからこそ見えてきた、いい医者を見つけるポイントを教える。

 病院のホームページで医師の出身大学を見ると、ほとんどの医師が同じ医大出身というケースがある。いまだに学閥が存在しているためだが、その中で別の医大を出た外科部長などを見つけたら、これは当たり。学閥のサバイバルを勝ち抜いた、確かな腕を持つ医師である可能性大だ。

 看護師と仲良くなり、院内の恋愛事情を聞くのもいい。見た目がダサいオヤジでも、医師は腕がよければモテる。逆に、イケメンなのに恋愛も不倫も情報がない医師は、看護師にモテないヤブかもしれないので要注意だ。(宝島社 1000円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事