「近視を治して「生涯視力1.0」を実現する30の生活習慣」小栗章弘著

公開日: 更新日:

 暗いところで本を読んだり、テレビやゲームで目を酷使すると近視になりやすい。こうした生活習慣の悪化に目が耐えられなくなる背景には、「血液の酸化」があると眼科医の著者は言う。酸化した血液では眼球の新陳代謝も滞り、正常な状態を維持することが難しくなるためだ。

 しかし、日々の生活習慣の中から血液の酸化を招く要因を排除することで、視力の維持や改善も夢ではないという。

 まず、水道水ではなく蒸留水を常飲すること。水道水に含まれる塩素やトリハロメタンは、血液の酸化リスクを高める可能性がある。ちなみに蒸留水は浄水器を通した水ではなく、沸騰して出た水蒸気を集め冷却したものだ。

 1日1食を実行する、目を温めるなど、目によい生活習慣を紹介する。(幻冬舎 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード