• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「近視を治して「生涯視力1.0」を実現する30の生活習慣」小栗章弘著

 暗いところで本を読んだり、テレビやゲームで目を酷使すると近視になりやすい。こうした生活習慣の悪化に目が耐えられなくなる背景には、「血液の酸化」があると眼科医の著者は言う。酸化した血液では眼球の新陳代謝も滞り、正常な状態を維持することが難しくなるためだ。

 しかし、日々の生活習慣の中から血液の酸化を招く要因を排除することで、視力の維持や改善も夢ではないという。

 まず、水道水ではなく蒸留水を常飲すること。水道水に含まれる塩素やトリハロメタンは、血液の酸化リスクを高める可能性がある。ちなみに蒸留水は浄水器を通した水ではなく、沸騰して出た水蒸気を集め冷却したものだ。

 1日1食を実行する、目を温めるなど、目によい生活習慣を紹介する。(幻冬舎 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る