「糖尿病は自分で治す!」福田正博著

公開日: 更新日:

 糖尿病の診断基準で「正常型」と判断されるのは、空腹時血糖値が110未満。これを数ポイント程度超えていても、多くの人は“ちょっとヤバいかな”と思う程度だろう。

 しかし、30年以上糖尿病治療に携わってきた著者は、正常の範囲を超えた時点でインスリンを分泌する膵臓のβ細胞が弱っているため、すでに「異常な状態」だと危機感を持つべきだと警鐘を鳴らす。

 すぐに薬を飲む必要はないが、生活の中で血糖値を下げる取り組みにはすぐに着手するべきだ。食後に5分程度のウオーキングを行ったり、主食の前に食物繊維の多い野菜を食べるなどの工夫で悪化を食い止めることができる。

 他にも本書では、尿に糖を排出させて血糖値の低下を促す、話題の新薬の紹介もしていく。(集英社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  8. 8

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  9. 9

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  10. 10

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る