「糖尿病は自分で治す!」福田正博著

公開日: 更新日:

 糖尿病の診断基準で「正常型」と判断されるのは、空腹時血糖値が110未満。これを数ポイント程度超えていても、多くの人は“ちょっとヤバいかな”と思う程度だろう。

 しかし、30年以上糖尿病治療に携わってきた著者は、正常の範囲を超えた時点でインスリンを分泌する膵臓のβ細胞が弱っているため、すでに「異常な状態」だと危機感を持つべきだと警鐘を鳴らす。

 すぐに薬を飲む必要はないが、生活の中で血糖値を下げる取り組みにはすぐに着手するべきだ。食後に5分程度のウオーキングを行ったり、主食の前に食物繊維の多い野菜を食べるなどの工夫で悪化を食い止めることができる。

 他にも本書では、尿に糖を排出させて血糖値の低下を促す、話題の新薬の紹介もしていく。(集英社 740円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  3. 3

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  6. 6

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    三田寛子を苛む成駒屋「好色の血」…今度は長男に二股疑惑

  9. 9

    小室圭さんが国民を見返す日 年収5000万円の米弁護士に

  10. 10

    菅首相「大きなうねりではない」頭の中はコロナより外遊

もっと見る

人気キーワード