北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「ささやかな手記」サンドリーヌ・コレット著 加藤かおり訳

公開日: 更新日:

 山中を歩いていたら、銃を持った老人が現れ、コーヒーでも飲んでいくかと声をかけられる。石造りの家に入ると背後から頭を殴られ、そして目が覚めると、鎖につながれて監禁されていた――本書はここから始まり、悪夢のような日々が続いていく。

 語り手のテオが、妻を寝取った兄を半身不随にして刑務所で19カ月も暮らしていたこと。さらに、「正真正銘のやくざ者」で、「ギャンブル依存症のようにつねにぎりぎりのスリルを追い求め、ほどほどでやめることができない男」であることが、冒頭で明らかにされていることにも留意。つまり、テオは決して善良な男ではない。

 そういう男が銃を持った老兄弟に監禁され、奴隷として扱われ、労働力としてこき使われるのである。こんなことが、この時代に起こるわけがない、この21世紀に起こるわけがない――とテオは思うのだが、8年前から監禁されているリュックは、自分はもう先がないので、新しい奴隷として君が捕まったんだと言う。

 とてもシンプルな話といっていい。陰惨な話ではあるものの、劇的なことが起こるわけではない。さらに、結局テオは救出され、この「事件」はフランス中で話題になったと冒頭で語られているので、どうなるのかも分かっている。にもかかわらず、目を離すことはできず、一気読みは必至。フランス推理小説大賞受賞の傑作だ。(早川書房 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  8. 8

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る