北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「娘と嫁と孫とわたし」藤堂志津子著

公開日:  更新日:

 タイトルは軽いが、中身は濃い。家族小説をお好きな読者に、自信をもってすすめる傑作小説だ。

 帯の惹句がうまい。「いじのわる~い、しかもケチな実の娘」「血のつながりはないけど、けなげでやさしい息子の嫁」「これからずっと、一緒に生活するなら、どっちが幸せ?」とくるのだ。こういう内容で、作者が藤堂志津子なら、これだけで読みたくなる。もちろんこれは帯コピーのためにわかりやすくしただけで、藤堂志津子の小説であるから、実際はそう単純ではない。いじわるでケチな実の娘にもいいところはあり、けなげでやさしい息子の嫁にもいじわるなところはある。

 そういうふうに人間は複雑で、その微妙な奥行きの深さを本書は鮮やかに描いている。

 それにもうひとつ、女性を中心にした小説によくある展開だが、登場する男どもがろくでもないやつばかり。45歳で独身の秋生という結構いい男も出てくるけれど、これは例外で、だいたいダメ男が多い。男どもがこのように頼りにならないから、女性陣が頑張らなくてはならないという構造が、この手の小説の特徴だが、藤堂志津子の本書も例外ではない。

 だから小説の評価を離れて言えば、男性読者としては、複雑な気持ちになる。ここにあるのは母や妻や娘の言い分で、男にも男の言い分があるはずなのに、おまえたちがだらしがないからこんなことを言われるのだ、と言いたくなってくるのである。(集英社 500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る