「奔走老人」谷川洋著

公開日: 更新日:

 定年まであと5年というところで妻を亡くした著者は、今後の人生を考えた。3人の息子も巣立ち、妻も亡くなり、ひとりになったときに何をすべきか。ありきたりのプランしか思い浮かばないまま、定年まであと2カ月となったある日、アジアの辺境地の学校づくりの話が舞い込んできた。本書は、60歳からアジアの奥地に飛び込んで220校以上の学校をつくった男の汗と涙のドキュメンタリーだ。

 学校をつくる国際支援が、「校舎をつくったらおしまい」で、その後廃校になってしまうケースが少なくないことを聞いた著者は、「現地に学校を建設する」「建設には親や住民が参加する」「現地の学校と日本の学校が協定を結んで国際交流を行う」の3点を必須条件にスタート。ラオス、ベトナム、タイ、中国、スリランカなどの僻地に足を運び、住民と話し合いながら学校づくりに奔走する。必要とされない人生の始まりだと思っていたという定年から、全力疾走が始まった著者の奮闘ぶりが凄い。(ポプラ社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る