「奔走老人」谷川洋著

公開日:  更新日:

 定年まであと5年というところで妻を亡くした著者は、今後の人生を考えた。3人の息子も巣立ち、妻も亡くなり、ひとりになったときに何をすべきか。ありきたりのプランしか思い浮かばないまま、定年まであと2カ月となったある日、アジアの辺境地の学校づくりの話が舞い込んできた。本書は、60歳からアジアの奥地に飛び込んで220校以上の学校をつくった男の汗と涙のドキュメンタリーだ。

 学校をつくる国際支援が、「校舎をつくったらおしまい」で、その後廃校になってしまうケースが少なくないことを聞いた著者は、「現地に学校を建設する」「建設には親や住民が参加する」「現地の学校と日本の学校が協定を結んで国際交流を行う」の3点を必須条件にスタート。ラオス、ベトナム、タイ、中国、スリランカなどの僻地に足を運び、住民と話し合いながら学校づくりに奔走する。必要とされない人生の始まりだと思っていたという定年から、全力疾走が始まった著者の奮闘ぶりが凄い。(ポプラ社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る