• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マフィア帝国ハバナの夜」T・J・イングリッシュ著、伊藤孝訳

 米国との国交回復で注目を浴びるキューバの歴史をひもとけば、独裁政権下で勢力を伸ばしたマフィアの暗躍があった。本書は、キューバ革命の裏側で首都ハバナを舞台に繰り広げられたマフィアの興亡史だ。

 1940年代後半から50年代、マフィア界の頭脳派と呼ばれたマイヤー・ランスキーとシチリア系マフィアの最高実力者であるチャールズ・ルチアーノがハバナにやってきた。華やかなカジノホテルやナイトクラブの経営を足掛かりに、彼らが目指したのは、犯罪国家の創立。バティスタ独裁政権と手を組み、犯罪から得た利益を「合法的」に政府の傘の下に隠して、キューバをむさぼりつくそうとしたのだ。

 しかし、この時期キューバ南東部ではフィデル・カストロ・ルスが率いる革命運動の物語も始まっていた。シナトラやケネディをも取り込み、バティスタ政権に巣くったマフィアと、革命に邁進するカストロとの攻防は、今の日本にも示唆に富む史実を残している。(さくら舎 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る