「コンビニ人間」村田沙耶香著

公開日:  更新日:

 古倉恵子、36歳独身。普通の家に生まれ、普通に愛されて育ったが、幼い頃から喜怒哀楽の感情が欠落し、周囲から奇妙がられていた。大人になってもそれは変わらず、両親は心配し、自分でも「治らなくては」と思っていた。

 そんな彼女のアジール(避難所)となったのがコンビニだった。完全にマニュアル化された挨拶と表情、それを真似てさえいれば「普通」でいられる。行き場を見つけた彼女は、大学卒業後もコンビニでアルバイトを続け周囲からの信頼を得るようになっていた。

 そこへ白羽という男がアルバイトで入ってくる。白羽はコンビニの仕事をバカにして不満を漏らしてばかりのイタイ男で、就職も結婚もせず18年もアルバイトをしている古倉を「普通」じゃないと責め立てる。せっかく築き上げた「普通」の仮面を剥がされそうになった古倉は、新たな「普通」を身にまとうべくある決断をするが……。

 芥川賞受賞の日もコンビニで働いていたという作者が、「普通」という強迫観念に覆われている現代日本の暗部に鋭いメスを入れた話題作。(文藝春秋 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る