• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「コンビニ人間」村田沙耶香著

 古倉恵子、36歳独身。普通の家に生まれ、普通に愛されて育ったが、幼い頃から喜怒哀楽の感情が欠落し、周囲から奇妙がられていた。大人になってもそれは変わらず、両親は心配し、自分でも「治らなくては」と思っていた。

 そんな彼女のアジール(避難所)となったのがコンビニだった。完全にマニュアル化された挨拶と表情、それを真似てさえいれば「普通」でいられる。行き場を見つけた彼女は、大学卒業後もコンビニでアルバイトを続け周囲からの信頼を得るようになっていた。

 そこへ白羽という男がアルバイトで入ってくる。白羽はコンビニの仕事をバカにして不満を漏らしてばかりのイタイ男で、就職も結婚もせず18年もアルバイトをしている古倉を「普通」じゃないと責め立てる。せっかく築き上げた「普通」の仮面を剥がされそうになった古倉は、新たな「普通」を身にまとうべくある決断をするが……。

 芥川賞受賞の日もコンビニで働いていたという作者が、「普通」という強迫観念に覆われている現代日本の暗部に鋭いメスを入れた話題作。(文藝春秋 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る