• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「上野アンダーグラウンド」本橋信宏著

 江戸時代から現代にかけて、多くの人を引き付ける吸引力を持った町・上野。博物館や大学がある芸術や文化の聖地としての側面を持つ一方、社会の変動期におけるホームレスや浮浪児の居場所でもあり、都下有数のラブホテル街や風俗街が隣接する場でもある。本書は、そんなカオスな町・上野の不思議な魅力に迫ったルポルタージュだ。

 台東区に位置する上野は、今や1日約18万2000人もの乗客数を数える上野駅を有し、東北・北関東の玄関口としての役割を果たしているが、地形的には上野台地と下町低地に二分されており、縄文時代には上野のすぐ目の前が海だった。そんな昔の水の流れの記憶をなぞるかのように、さまざまな人が上野に流れつく。長年上野とは縁の深かった著者は、西郷さんの銅像前で待ち合わせをして大人の関係を楽しむ人妻、淫靡なアジアエステ界の住人、真夜中の摺鉢山古墳に集う男色たち、路上の似顔絵師や占い師、日雇い作業員をスカウトする手配師などと出会う。

 緻密な取材を通して、表面的な「聖」なる顔と混然一体になった上野の「俗」なる顔がリアルに浮かび上がってくる。

(駒草出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る