「上野アンダーグラウンド」本橋信宏著

公開日:  更新日:

 江戸時代から現代にかけて、多くの人を引き付ける吸引力を持った町・上野。博物館や大学がある芸術や文化の聖地としての側面を持つ一方、社会の変動期におけるホームレスや浮浪児の居場所でもあり、都下有数のラブホテル街や風俗街が隣接する場でもある。本書は、そんなカオスな町・上野の不思議な魅力に迫ったルポルタージュだ。

 台東区に位置する上野は、今や1日約18万2000人もの乗客数を数える上野駅を有し、東北・北関東の玄関口としての役割を果たしているが、地形的には上野台地と下町低地に二分されており、縄文時代には上野のすぐ目の前が海だった。そんな昔の水の流れの記憶をなぞるかのように、さまざまな人が上野に流れつく。長年上野とは縁の深かった著者は、西郷さんの銅像前で待ち合わせをして大人の関係を楽しむ人妻、淫靡なアジアエステ界の住人、真夜中の摺鉢山古墳に集う男色たち、路上の似顔絵師や占い師、日雇い作業員をスカウトする手配師などと出会う。

 緻密な取材を通して、表面的な「聖」なる顔と混然一体になった上野の「俗」なる顔がリアルに浮かび上がってくる。

(駒草出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る