「上野アンダーグラウンド」本橋信宏著

公開日:  更新日:

 江戸時代から現代にかけて、多くの人を引き付ける吸引力を持った町・上野。博物館や大学がある芸術や文化の聖地としての側面を持つ一方、社会の変動期におけるホームレスや浮浪児の居場所でもあり、都下有数のラブホテル街や風俗街が隣接する場でもある。本書は、そんなカオスな町・上野の不思議な魅力に迫ったルポルタージュだ。

 台東区に位置する上野は、今や1日約18万2000人もの乗客数を数える上野駅を有し、東北・北関東の玄関口としての役割を果たしているが、地形的には上野台地と下町低地に二分されており、縄文時代には上野のすぐ目の前が海だった。そんな昔の水の流れの記憶をなぞるかのように、さまざまな人が上野に流れつく。長年上野とは縁の深かった著者は、西郷さんの銅像前で待ち合わせをして大人の関係を楽しむ人妻、淫靡なアジアエステ界の住人、真夜中の摺鉢山古墳に集う男色たち、路上の似顔絵師や占い師、日雇い作業員をスカウトする手配師などと出会う。

 緻密な取材を通して、表面的な「聖」なる顔と混然一体になった上野の「俗」なる顔がリアルに浮かび上がってくる。

(駒草出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

もっと見る