• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ソング・オブ・ザ・シー 情緒と幻想的物語が魅力

「アニメは日本の文化」などという言葉が最近はむなしい。宮崎アニメは他国での評価も高いし市場の成功も確実だが、絵柄ひとつでもアニメにはもっと広い可能性があるはず。現に十数年前に公開されたフランスの「ベルヴィル・ランデブー」やノルウェーの人形アニメ「ピンチクリフ・グランプリ」などは大人が何度見ても飽きない「目の愉しみ」にあふれている。

 いきなり冒頭から力が入ってしまったのは現在公開中のアイルランドのアニメ「ソング・オブ・ザ・シー 海のうた」を見たからだ。

 妻を亡くした灯台守と残された幼い兄妹。彼らの人生を子どもの視点から描き出す物語。といっても言葉だけではわかりづらいが、絵柄はどことなく見覚えのある懐かしさ。これはなんだろう? と疑問に思っていたらトム・ムーア監督は1963年製作の東映動画「わんぱく王子の大蛇退治」に強く影響されたのだという。東映動画はかつて宮崎駿も在籍した老舗。ただし宮崎自身はソ連のアニメに感化されていたともいわれる。要するにアニメは「動く絵」の力で国境を超えるのだ。

 とはいえ「ソング・オブ・ザ・シー――」は単なる国際市場向けの商品ではない。むしろアイルランドならではの情緒と幻想的な物語性こそが魅力の源泉。作画を担当したザ・カーツーン・サルーンが絵を描き、アイルランドの童話作家コルマーン・オラハリーが話を書いた絵本「トーィン クアルンゲの牛捕りとクーフリンの物語」(アイルランドフューシャ奈良書店 2300円+税)を見ればそれが実感できるはず。〈生井英考〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る