「ティエリ・トグルドーの憂鬱」仏極右政党・国民戦線の躍進の背景

公開日:  更新日:

 フランス人といえば「夏のバカンス」を何より大事にする。それというのも伝統的に労組が強く、国民の大多数が「公務員並み」に守られてきたおかげだ。しかしそれがこの四半世紀、グローバル化の波に洗われて急速に崩壊。解雇禁止の不文律は新自由主義政策で骨抜きにされ、組合は弱体化し格差拡大で失業率が急上昇した。話題になった極右政党・国民戦線の躍進はこうした背景あっての話なのだ。

 そんなフランスの現実を生々しく映し出して大評判なのが公開中の映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」。実直一点張りの労働者が人員整理でクビ。物語は主人公ティエリーが失対事業所の担当者に苦情を申し立てる場面から始まる。まるでTVドキュメンタリーのようなカメラワークや登場人物と思ったら、主役のベテラン俳優ヴァンサン・ランドン以外は大半が素人。撮影もドキュメンタリーの経験しかない若手を起用したという。

 下流にすべり落ちてゆく主人公が自尊心をずたずたにされる前半の緊張感は筆舌に尽くしがたく、物語の後半、やっとスーパーの警備員に雇われたティエリーを通して今度は社会全体の貧困とあえぎが淡々と描かれる。彼が働くスーパーの店内に張り巡らされた監視カメラの寒々とした映像はその象徴だろう。日本映画が走りがちな笑いのカットなど一切なく、さりとて型通りの下流社会批判とも違う現代文明論となっている。

 カナダの社会学者D・ライアンの「膨張する監視社会」(青土社 2200円+税)は貧困と監視カメラの跋扈する社会の関係を鋭く見通したリスク社会論だ。

〈生井英考〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る