• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏

1956年、埼玉県生まれ。早大政経学部卒。ノンフィクション、エッセー、小説など幅広く執筆中。著書に「エロ本黄金時代」「東京最後の異界 鶯谷」ほか多数。

意外や、ビートルズのサインのほとんどは本人たち

「ビートルズ来日学」宮永正隆著(DU BOOKS 2500円+税)

 20世紀を代表する偉大なバンド、ビートルズが半世紀前一度だけ来日した。

 深夜、羽田空港に降りたってから日本武道館で計5回のライブをやり離日するまでの103時間に及ぶビートルズの行動スケジュールは、あらゆる方面から研究、考察されてきた。もう新しい事実は出てこないだろうというほど掘り起こされた感があったが、まだまだ103時間の行動には謎が多いことが本書でわかった。

 ビートルズ熱にうなされて46年に及ぶ私でも、初めて見る写真と事実がこれでもかと網羅されている。

 宿泊先のヒルトンホテルで撮影されたポラロイド写真には、ホテルの日本人メイドたちとジョージが写っている。撮影者はなんとジョン!

 ビートルズのサインはほとんどがロードマネジャーや広報担当の代筆とされるが、驚くべきことに、先のポラロイド写真の裏側のジョージのサインも、来日時に色紙、レコードジャケット、扇子等々にサインされたものもすべて本人たちの直筆と鑑定された。

 ビートルズの4人が生まれて初めて接する東洋の国と人々に、好奇心と好意を抱いていることがよく伝わってくる。

 ところで、日本武道館公演の警備が史上空前の厳しさだった、ということはいまや定説となっている。だが前座出演した尾藤イサオ、内田裕也の両名がビートルズの演奏をステージ下のすぐ目の前でパイプ椅子に腰かけ足を組み見ている写真がある。

 当時の日本テレビスタッフの証言――。

〈うん。だから、あの警備は何が目的なのか、わかんなかったですよね。「警備はめちゃくちゃ緩かった」っていうのは、僕も聞いたことがありますよ〉

 水も漏らさぬ警備網といっても必ずどこか漏れがあるものだ。

 大丈夫か、東京オリンピック。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る