数奇な運命に翻弄された老革命家の真実

公開日: 更新日:

「父・伊藤律 ある家族の『戦後』」伊藤淳著 講談社 1800円+税

 昔、付き合っていたガールフレンドがこんなことを話した。

「警察に勤めてるうちのお兄ちゃん、大学生のふりしてミンセイという人とお酒飲んだり遊んだりしてるんだって」

 身内ゆえに油断してつい漏らしてしまったのだろう。彼女の兄は公安警察部門に配属され、日本共産党とその周辺を探るために、身分を隠してスパイ活動を行っていたのだ。警察は、昔も今も、権力のお目付け役である共産党が仮想敵である。

 著者の父、伊藤律は日本共産党最高幹部であり、イケメン、おしゃれ、能弁であることから、共産党のスターといわれた。

 1950年代前半、党が過激な闘争を行うようになると、伊藤は最高幹部の徳田球一、野坂参三とともに中国に逃れる。だが、伊藤は権力側と内通しているスパイであると断罪され、党を除名された。幹部たちが日本に帰国してからも、伊藤だけは中国に幽閉されてしまう。帰国できたのは29年後の1980年秋のことだった。

 父は死亡していたものと思い込んでいた著者たちの元へ――〈夜遅く、私のアパートで待つ母の前にあらわれたのは、なんと野坂本人であった〉。

 野坂名誉議長はなぜかいら立っていた。実は野坂こそが伊藤にスパイの濡れ衣を着せ、幽閉するように指揮し、米国、ソ連と内通していた超弩級のスパイだったことは、その後の歴史が証明している。後に野坂は党を除名され、伊藤スパイ説を普及させた松本清張の名著「日本の黒い霧」の中の「革命を売る男・伊藤律」も、現在は3ページを費やし事実上の訂正である注釈を付けるに至った。

 本書は数奇な運命に翻弄された老革命家とその家族の姿を報告した、歴史的な書である。帰国するも視力をほとんど失った父の手のひらに長男の名「と・お・る」となぞると、父は「徹ちゃん」と叫んだシーンは上質の映画を見るようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る