• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
本橋信宏
著者のコラム一覧
本橋信宏

1956年、埼玉県生まれ。早大政経学部卒。ノンフィクション、エッセー、小説など幅広く執筆中。著書に「エロ本黄金時代」「東京最後の異界 鶯谷」ほか多数。

久しぶりに華のある政治評論家の誕生を予感

「冤罪 田中角栄と ロッキード事件の真相」石井一著 産経新聞出版 1400円+税

 本書の著者は田中角栄を“オヤジ”と呼び、田中派の一員として常に角栄のそばでボディーガードのように寄り添ってきた。

 初めて目白の田中御殿でオヤジと会ったときの記述がすごい。〈田中との会見はほんの四、五分でしたが、帰り際に握手を交わすと、背広の内ポケットからパッと封筒を出して私にくれました〉〈すぐに田中邸の前にある電話ボックスに駆け込み、封筒の中を数えると三十万円が入っていました〉

 現在の貨幣価値に換算してざっと300万円をいきなり初対面の男に渡してしまう豪快さと金権ぶり! 

 そのオヤジが世紀の大疑獄・ロッキード事件被告人になっても、著者は角栄に寄り添うのだ。

〈ロッキード事件は、明らかに、米国政府、日本政府、最高裁判所、東京地検特捜部や当時のマスコミが作り上げた「反角」の世論による、歴史に残る汚点であり、起訴された事件の九九・九%が有罪という日本の刑事事件の特異性の毒牙にかかった〉冤罪と断言する。

 著者は2009年に起きた厚労省郵便不正事件に巻き込まれる。虚偽公文書作成・同行使の容疑で村木厚子局長が逮捕されたのも、最終的には石井一を狙ったものであり、さらに小沢一郎・民主党潰しを狙ったものだという説がある。

 石井一というと、公明党タブーを打ち破った国会質問や舌禍が思い浮かぶ。震災後、海外でゴルフをやっていたことが知れ、役職を辞任した。だがゴルフ好きが危機を救う。郵便不正事件の際に、アリバイを問われ、たまたま手帳につけていたゴルフのプレーが証拠となった。検察が意図的に証拠を改ざんしていた驚愕の事実も暴露された。

 角栄擁護の頑迷な保守主義者の一面もあれば、民主党副代表というリベラル面もある石井一こそ、強面の風貌も相まって、久方ぶりに華のある大物政治評論家の誕生を予感させるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る