• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本2百名山ひと筆書き」田中陽希著

 2年前、7800キロに及ぶ日本百名山ひと筆書きを達成した著者は、違う季節の日本を歩いてみたいと、今度は北海道を南下するコースにした。

 宗谷岬から佐多岬まで約8000キロ。ペテガリ岳山頂を目指していたとき、林道沿いのフキノトウが食べちらかされているのを発見。大きな糞がドカンと落ちていて、ヒグマだと気づく。「こんにちは!」と叫びながら登り、夜はAMラジオを大音量で流しながら寝たが、怖くて熟睡できない。

 翌日、ペテガリ岳の山頂が見えてきたが、ヒグマが著者の前を先行しているらしく、折れたハイマツにヒグマの毛がついていた。

 徒歩とシーカヤックによる列島縦断の記録。(NHK出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る