• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本2百名山ひと筆書き」田中陽希著

 2年前、7800キロに及ぶ日本百名山ひと筆書きを達成した著者は、違う季節の日本を歩いてみたいと、今度は北海道を南下するコースにした。

 宗谷岬から佐多岬まで約8000キロ。ペテガリ岳山頂を目指していたとき、林道沿いのフキノトウが食べちらかされているのを発見。大きな糞がドカンと落ちていて、ヒグマだと気づく。「こんにちは!」と叫びながら登り、夜はAMラジオを大音量で流しながら寝たが、怖くて熟睡できない。

 翌日、ペテガリ岳の山頂が見えてきたが、ヒグマが著者の前を先行しているらしく、折れたハイマツにヒグマの毛がついていた。

 徒歩とシーカヤックによる列島縦断の記録。(NHK出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事