「日本2百名山ひと筆書き」田中陽希著

公開日:  更新日:

 2年前、7800キロに及ぶ日本百名山ひと筆書きを達成した著者は、違う季節の日本を歩いてみたいと、今度は北海道を南下するコースにした。

 宗谷岬から佐多岬まで約8000キロ。ペテガリ岳山頂を目指していたとき、林道沿いのフキノトウが食べちらかされているのを発見。大きな糞がドカンと落ちていて、ヒグマだと気づく。「こんにちは!」と叫びながら登り、夜はAMラジオを大音量で流しながら寝たが、怖くて熟睡できない。

 翌日、ペテガリ岳の山頂が見えてきたが、ヒグマが著者の前を先行しているらしく、折れたハイマツにヒグマの毛がついていた。

 徒歩とシーカヤックによる列島縦断の記録。(NHK出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る