• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「新極道記者」塩崎利雄著

 本紙連載「止まり木ブルース」の著者塩崎利雄には「極道記者」という賭博小説の傑作がある。いまから40年前に書かれた長編だが、いま読んでも全然古びておらず、ひたすら面白いから素晴らしい。一時期は幻の傑作といわれるほど長い間絶版であったが、1991年に復刊されてからは各社の文庫に入り、いまなお多くの読者に読まれている。それが傑作の力というものだ。

 本書「新極道記者」はタイトルからわかるように、その傑作「極道記者」の続編である。前作が復刊された直後に雑誌に連載されたもので、つまり20年以上も単行本化されずに眠っていたことになる。これもまた正編に負けず劣らず面白いのに、なんともったいないことか。しかしこれもまた、正編と同様に長く読まれていくと思う。

 主人公は前作に引き続き、スポーツ新聞の記者松崎。登場する種目は、競馬、麻雀、手本引き。我々のようなセコい賭けなら負けてもたいしたことはないが、この男の場合はそもそもレベルが異なる。勝つときもでかいが、負けるときもケタはずれの額なのである。かくて、ひりひりする熱さが行間から立ち上ってくる。

 続編とはいっても続いているわけではないので前作を未読でも大丈夫。ギャンブル小説の雰囲気を味わいたい人はぜひ前作まで遡りたい。ちなみに前作の「極道記者」は近年、文芸社文庫に入ったので読みやすくなった。(徳間書店 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る