「新極道記者」塩崎利雄著

公開日: 更新日:

 本紙連載「止まり木ブルース」の著者塩崎利雄には「極道記者」という賭博小説の傑作がある。いまから40年前に書かれた長編だが、いま読んでも全然古びておらず、ひたすら面白いから素晴らしい。一時期は幻の傑作といわれるほど長い間絶版であったが、1991年に復刊されてからは各社の文庫に入り、いまなお多くの読者に読まれている。それが傑作の力というものだ。

 本書「新極道記者」はタイトルからわかるように、その傑作「極道記者」の続編である。前作が復刊された直後に雑誌に連載されたもので、つまり20年以上も単行本化されずに眠っていたことになる。これもまた正編に負けず劣らず面白いのに、なんともったいないことか。しかしこれもまた、正編と同様に長く読まれていくと思う。

 主人公は前作に引き続き、スポーツ新聞の記者松崎。登場する種目は、競馬、麻雀、手本引き。我々のようなセコい賭けなら負けてもたいしたことはないが、この男の場合はそもそもレベルが異なる。勝つときもでかいが、負けるときもケタはずれの額なのである。かくて、ひりひりする熱さが行間から立ち上ってくる。

 続編とはいっても続いているわけではないので前作を未読でも大丈夫。ギャンブル小説の雰囲気を味わいたい人はぜひ前作まで遡りたい。ちなみに前作の「極道記者」は近年、文芸社文庫に入ったので読みやすくなった。(徳間書店 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  5. 5

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  6. 6

    コロナ患者退院後12.3%死亡の衝撃 回復しても3割が再入院

  7. 7

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  8. 8

    ジュニア「22歳定年制」導入 “ポスト木村拓哉”だったT君は

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    松本潤「どうする家康」でNHKが狙う“ALLジャニーズ時代劇”

もっと見る

人気キーワード