「新極道記者」塩崎利雄著

公開日: 更新日:

 本紙連載「止まり木ブルース」の著者塩崎利雄には「極道記者」という賭博小説の傑作がある。いまから40年前に書かれた長編だが、いま読んでも全然古びておらず、ひたすら面白いから素晴らしい。一時期は幻の傑作といわれるほど長い間絶版であったが、1991年に復刊されてからは各社の文庫に入り、いまなお多くの読者に読まれている。それが傑作の力というものだ。

 本書「新極道記者」はタイトルからわかるように、その傑作「極道記者」の続編である。前作が復刊された直後に雑誌に連載されたもので、つまり20年以上も単行本化されずに眠っていたことになる。これもまた正編に負けず劣らず面白いのに、なんともったいないことか。しかしこれもまた、正編と同様に長く読まれていくと思う。

 主人公は前作に引き続き、スポーツ新聞の記者松崎。登場する種目は、競馬、麻雀、手本引き。我々のようなセコい賭けなら負けてもたいしたことはないが、この男の場合はそもそもレベルが異なる。勝つときもでかいが、負けるときもケタはずれの額なのである。かくて、ひりひりする熱さが行間から立ち上ってくる。

 続編とはいっても続いているわけではないので前作を未読でも大丈夫。ギャンブル小説の雰囲気を味わいたい人はぜひ前作まで遡りたい。ちなみに前作の「極道記者」は近年、文芸社文庫に入ったので読みやすくなった。(徳間書店 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  2. 2

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  7. 7

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  8. 8

    時代の流れに逆行…花形種目のマラソンが五輪から消える日

  9. 9

    渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

  10. 10

    「FNS27時間テレビ」過去最低5.8%記録 では最高視聴率は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る