「新極道記者」塩崎利雄著

公開日:  更新日:

 本紙連載「止まり木ブルース」の著者塩崎利雄には「極道記者」という賭博小説の傑作がある。いまから40年前に書かれた長編だが、いま読んでも全然古びておらず、ひたすら面白いから素晴らしい。一時期は幻の傑作といわれるほど長い間絶版であったが、1991年に復刊されてからは各社の文庫に入り、いまなお多くの読者に読まれている。それが傑作の力というものだ。

 本書「新極道記者」はタイトルからわかるように、その傑作「極道記者」の続編である。前作が復刊された直後に雑誌に連載されたもので、つまり20年以上も単行本化されずに眠っていたことになる。これもまた正編に負けず劣らず面白いのに、なんともったいないことか。しかしこれもまた、正編と同様に長く読まれていくと思う。

 主人公は前作に引き続き、スポーツ新聞の記者松崎。登場する種目は、競馬、麻雀、手本引き。我々のようなセコい賭けなら負けてもたいしたことはないが、この男の場合はそもそもレベルが異なる。勝つときもでかいが、負けるときもケタはずれの額なのである。かくて、ひりひりする熱さが行間から立ち上ってくる。

 続編とはいっても続いているわけではないので前作を未読でも大丈夫。ギャンブル小説の雰囲気を味わいたい人はぜひ前作まで遡りたい。ちなみに前作の「極道記者」は近年、文芸社文庫に入ったので読みやすくなった。(徳間書店 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る