「夫のがんを消した最強の食事」薩摩智恵子著

公開日:

 2007年、和食料理店「美々卯」社長の薩摩和男は人間ドックで悪性リンパ腫と診断された。抗がん剤治療をすると腸がやられると知り、和男と妻の智恵子は、医師の許可を得てマクロビオティックによる食養法だけで治そうと試みる。外食はせず、智恵子が作るものだけを食べる。甘いものや果物、生野菜など体を冷やす陰性のものを取り過ぎる人にがんが多いといわれているので、そういう食材を控え、玄米、ゴボウなど陽性のものを中心にする。食べ物は100回以上噛むなどを実践して6カ月。腫瘍マーカーの数値が大きく改善した。

 食事療法だけでがんを克服した夫婦の記録。食養法のレシピも掲載。(かんき出版 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る