• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「夫のがんを消した最強の食事」薩摩智恵子著

 2007年、和食料理店「美々卯」社長の薩摩和男は人間ドックで悪性リンパ腫と診断された。抗がん剤治療をすると腸がやられると知り、和男と妻の智恵子は、医師の許可を得てマクロビオティックによる食養法だけで治そうと試みる。外食はせず、智恵子が作るものだけを食べる。甘いものや果物、生野菜など体を冷やす陰性のものを取り過ぎる人にがんが多いといわれているので、そういう食材を控え、玄米、ゴボウなど陽性のものを中心にする。食べ物は100回以上噛むなどを実践して6カ月。腫瘍マーカーの数値が大きく改善した。

 食事療法だけでがんを克服した夫婦の記録。食養法のレシピも掲載。(かんき出版 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る