「夫のがんを消した最強の食事」薩摩智恵子著

公開日:

 2007年、和食料理店「美々卯」社長の薩摩和男は人間ドックで悪性リンパ腫と診断された。抗がん剤治療をすると腸がやられると知り、和男と妻の智恵子は、医師の許可を得てマクロビオティックによる食養法だけで治そうと試みる。外食はせず、智恵子が作るものだけを食べる。甘いものや果物、生野菜など体を冷やす陰性のものを取り過ぎる人にがんが多いといわれているので、そういう食材を控え、玄米、ゴボウなど陽性のものを中心にする。食べ物は100回以上噛むなどを実践して6カ月。腫瘍マーカーの数値が大きく改善した。

 食事療法だけでがんを克服した夫婦の記録。食養法のレシピも掲載。(かんき出版 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る