• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

修羅場をくぐって身に付けた「謝罪」のノウハウ

「よい謝罪」竹中功著 日経BP社 1400円+税

 謝罪がちゃんとできるかどうかは、大人としての評価を左右します。個人にせよ会社にせよ、謝罪の仕方を間違えて、話がこじれたり騒ぎが大きくなったりするケースは少なくありません。

 著者の竹中功は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー(旧・吉本興業)の元専務取締役。入社後、宣伝広報室に所属し、のちには役員として、タレントが不祥事を起こすたびに、謝罪会見を仕切るなどして頭を下げ続けてきました。

 世間の注目を激しく浴びまくっている状況で、スピーディーかつ的確に「謝罪」の方針やプランを練る緊張感はいかばかりか。修羅場を山ほど乗り越えてきた竹中は、いわば日本一の「謝罪のプロ」と言えるでしょう。この本では、彼が経験した事例を挙げつつ、謝罪とは何かということから平時の準備まで、具体的なノウハウがぎっしり詰まっています。

 たとえば2008年に起きた、所属芸人が経営する焼き肉店での食中毒事件。「よい謝罪」が実現できた例として、どんな言葉で、どういう順番で謝罪することにしたかなど、じつに詳しく紹介されています。打ち合わせ中には、当事者の芸人がメモも取らずに携帯電話に出てばかりいて、叱りつけた一幕もあったとか。随所に出てくるその手の裏話が、かたくなりがちな話の格好のスパイスになっています。

 謝罪会見の開き方やその後のニュースリリースの出し方など、リアルな本音をぶっちゃけながら、ここまで手取り足取り書いてくれている本は、たぶんほかにはありません。経営者や広報担当者には、イザというときの心強いお守りになってくれるでしょう。

 もちろん個人だって、いつどんなことで謝罪が必要な状況になるか分かりません。サブタイトルにあるように、この本で「仕事の危機を乗り切るための謝る技術」を会得して、ピンチに強い大人になりましょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  2. 2

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  5. 5

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  6. 6

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

  7. 7

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  10. 10

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

もっと見る