石原壮一郎
著者のコラム一覧
石原壮一郎

1963年、三重県生まれ。著書「大人養成講座」「大人力検定」などで、日本の大人シーンを牽引している。最新刊「大人の言葉の選び方」も好評!

「当たり前のお店」の魅力が倍増

公開日:

「東京実用食堂」鈴木隆祐著(日本文芸社 1300円+税)

 街の食堂で食べる定食は、なぜあんなにおいしくて愛おしいのか。立ち食いの店でうどんをすすると、なぜあんなに幸せな気持ちに包まれるのか。昭和なビルや地下街は、なぜあんなにワクワクするのか。

 私たちのお腹と心を日常的に満たしてくれているのは、身近に存在している「当たり前のお店」です。そして、それぞれの「当たり前」には、それぞれのドラマや歴史や個性があります。

 この本では、東京の外食を「実用」という視点から腑分け。多種多様な「実用食堂」が怒濤の勢いで登場します。読むほどにヨダレがあふれてくる名物メニューの紹介はもちろん、お店の人とのやりとりや町の様子の描写からも、「実用食堂」の魅力や存在意義を感じずにはいられません。

 著者の鈴木隆祐は、教育やビジネスに関する著書を多数出版しているジャーナリスト。食べ歩きはライフワークで、これまでにも、B級グルメや街場中華をテーマにした本を書いています。

 ここ数年、昭和生まれの東京の食堂がバタバタと倒れていることに危機感を抱いたことも、「実用食堂」をテーマにした理由のひとつだとか。

 日曜日の夕方、街場中華の店に並んでいるとき、5歳くらいの男の子にお父さんが語りかけていた言葉を一生忘れないと、著者は言います。

「うん、確かに混んでるね。でも、それはおいしいからなんだよ。なぁ、楽しみだね」

 外食は、そして人生は、なんてすてきなんだと思わせてくれるひと言です。

 本に登場するお店に食べに行ってみるのも、きっと楽しいでしょう。読み進むうちに、近所やよく知っているエリアに「えっ、こんなお店があるんだ!」と驚かされるのも、この本の醍醐味。日常の風景を見直すきっかけになったり、街や店の新しい見方、楽しみ方のヒントを与えてもらえたり、いろんな意味で、とても実用的な一冊です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

もっと見る