「黒い巨塔 最高裁判所」瀬木比呂志著

公開日:  更新日:

 主人公は、最高裁判所事務総局の民事局付になったばかりの笹原駿。東京地方裁判所民事部から米国大学の研究員を経験し、3年間の地方勤務を経て事務総局に赴任した彼は、今までとは全く違う、司法行政の世界を目の当たりにする。

 特に最高裁判所長官というポストに位置する須田謙造の権力は群を抜いていた。彼の意向ひとつで、気に入らない人間のキャリアを葬り去ることは簡単だったため、多くの職員が目立たぬように息を殺して過ごすか、ご機嫌をとるしかなかったのだ。

 ソ連の思想統制を彷彿させる雰囲気に違和感を覚えた笹原だったが、ある日裁判官協議会の進行担当局付に任命される。そこで取り上げられる議題は原発訴訟。水面下ではただならぬ力が働いていた……。

「絶望の裁判所」(講談社現代新書)などで裁判所の現状を鋭く突いた著者による、本格的な権力小説。フィクションという断り書きがありつつも、描いている裁判所の構造は現実そのものだ。戦前の司法省の上意下達のヒエラルキー体制を受け継いでしまった裁判所が、司法の役目を果たせなくなる恐ろしさが伝わってくる。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る