「脇坂副署長の長い一日」真保裕一著

公開日:

 深夜、夫婦げんかが原因で由希子が実家に帰ると、母や弟がいない。官舎に寝泊まりする父・脇坂に電話をしても、何も知らないという。賀江出署の副署長を務める脇坂は、これまでも家族のことは二の次だった。おまけに、その日は地元出身の人気アイドルが一日署長を務めるイベントが控えており、なおさらだ。

 そんな脇坂に、早朝、管内でスクーターの自損事故が起き、運転手が現場から消えていたと報告が入る。やがて、母親名義のそのスクーターを普段使用していたのが病欠中の署員・鈴本と分かる。鈴本とは連絡が取れず、焦る脇坂だが、イベントの時間が迫ってくる。

 刻々と変化する事態に対応する叩き上げの警察官を主人公にしたノンストップミステリー。(集英社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る