• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「浜の甚兵衛」熊谷達也著

 明治三陸地震が起こった明治29年。三陸の仙河漁港で沖買船の商売をしていた菅原甚兵衛は、自分が沖に出ているうちに大きな津波が釜戸の集落を襲ったことを知り、愕然とする。

 甚兵衛が戻った村の人々はすべて海にもっていかれ、がれきに埋まっていたのは遺体ばかり。生き残ったのは、たまたまそのとき村から出ていた者だけだった。

 惨状を目の当たりにした甚兵衛は、妾の子として、親子2代で裕福な魚問屋マルカネの社長にぶら下がって、どこか開き直りながら生きてきた今までの生き方に疑問を覚えるようになった。その後、海上の事故で船を失ったことを契機に、大きな借金を抱えつつも、一発逆転を狙って北洋でのラッコ・オットセイ漁に出ることを企てるのだが……。

 架空の港町・仙河海を舞台に、自らの生き方を貫いていく男の成長物語。東日本大震災を機に、著者が描いてきた「仙河海」シリーズの出発点になる作品にあたる。

 男気あふれる主人公の姿が魅力的に描かれている。(講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る