「浜の甚兵衛」熊谷達也著

公開日: 更新日:

 明治三陸地震が起こった明治29年。三陸の仙河漁港で沖買船の商売をしていた菅原甚兵衛は、自分が沖に出ているうちに大きな津波が釜戸の集落を襲ったことを知り、愕然とする。

 甚兵衛が戻った村の人々はすべて海にもっていかれ、がれきに埋まっていたのは遺体ばかり。生き残ったのは、たまたまそのとき村から出ていた者だけだった。

 惨状を目の当たりにした甚兵衛は、妾の子として、親子2代で裕福な魚問屋マルカネの社長にぶら下がって、どこか開き直りながら生きてきた今までの生き方に疑問を覚えるようになった。その後、海上の事故で船を失ったことを契機に、大きな借金を抱えつつも、一発逆転を狙って北洋でのラッコ・オットセイ漁に出ることを企てるのだが……。

 架空の港町・仙河海を舞台に、自らの生き方を貫いていく男の成長物語。東日本大震災を機に、著者が描いてきた「仙河海」シリーズの出発点になる作品にあたる。

 男気あふれる主人公の姿が魅力的に描かれている。(講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  4. 4

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  7. 7

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    【侍ジャパン】稲葉監督にズバリ不安あり!サヨナラ逆転勝利で霞んだ“迷采配”ぶりを検証

  10. 10

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

もっと見る

人気キーワード