「万博の歴史」平野暁臣著

公開日: 更新日:

 万博=万国博覧会は、動員数で五輪やサッカーW杯を上回る世界最大のリアルイベント。誕生から165年のその歴史を振り返りながら、往時の勢いをなくし岐路に立つ万博の行く末を考察したノンフィクション。

 世界最初の万博は1851年にロンドンで開催。その時603万人だった来場者数は、1900年パリ万博では5000万人を突破、その半世紀の間だけで160もの万博が開催されたという。1970年の大阪万博は6421万人という過去最高の入場者を記録し、内容面でも歴史に残るものとなった。これほど万博が強大な力を持ちえたのは、常に「近未来を疑似体験させる」という基本哲学を貫いてきたからだという。知られざる万博の歴史とその魅力を解き明かす。(小学館 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

もっと見る