• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「処刑の丘」ティモ・サンドベリ著、古市真由美訳

 相変わらず北欧ミステリーの翻訳が続いているが、このブームのおかげでこれまで知らなかった作家、作品を読むことが出来るのは喜ばしい。本書もそういう一冊だ。

 フィンランドのミステリーはレーナ・レヘトライネンの諸作がすでに紹介されているので本書が初ではないが、この作家は本邦初紹介。デビューは1990年というからもうベテランである。

 本書の舞台は、フィンランド南部の都市ラハティ。時代は、1920年代。この舞台設定が本書のキモだろう。というのは19世紀初頭から帝政ロシアの大公国だったフィンランドは1917年に独立を宣言するものの、ロシアのボリシェビキの支援を受けた赤衛隊と、ドイツの軍事力を後ろ盾にした白衛隊との間で戦闘になり、内戦状態になったとの経緯があるので(ヨーロッパでもっとも悲惨な内戦だったといわれているらしい)、いまだにその爪痕が残っているのだ。

 主人公の警官オッツォ・ケッキはどちらにも所属せず支援せず、あくまでも公正な警察官であろうとするが、内戦の勝利者である白衛隊が絶対的な権力を握る社会で、公正であり続けるのはなかなか難しい。かつて虐殺の舞台となった丘で青年の死体が発見されるのが本書の発端だが、上からの圧力で自由な捜査が出来ないのである。そのケッキの苦悩と地味な捜査を、本書は静かに描いていく。

 異色の警察小説として読まれたい。(東京創元社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る