• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「今日のハチミツ、あしたの私」寺地はるな著

 30歳のヒロイン碧が仕事をやめて、故郷に帰る恋人・安西についていく話である。彼には仕事がなく、何度勤めてもうまくいかず、故郷に戻って実家の仕事を手伝うと言うのだ。碧もいまの仕事に満足しているわけでもないので、ま、いいかとついていく。

 よくある話といっていい。しかも帯には「蜂蜜を、もうひと匙」という文字がある。都会に疲れた男女が大自然に包まれる日々の中で生き甲斐を見いだしていく話、はたくさんある。またそういう話かい、と言いたくなる人がいるかもしれないが、まあ待て。そうではないのだ。物語は思わぬ方向にどんどん進んでいく。

 まず、安西の父親は結婚を認めないのである。土地を貸している養蜂家の黒江から、たまっている賃貸料を取ってくれば認めるのもやぶさかではないと言うのだ。その気もないのに。それを承知で、よおしと碧は蜂蜜園に乗り込むが、すぐに解決するほど甘くはなく、どんどんねじれていく。

 黒江の娘、女子高生の朝花の相談に乗ってあげたり、スナックのママあざみが洒落た店にしたいと言うと内装を買って出たり、このヒロインは思ってもいない方向で八面六臂の大活躍をするのである。

 黒江の賃貸料は集金できなくても碧の行動範囲はこのように次々にひろがっていく。その間、安西は終始頼りなく、おいおい、このままではおまえ捨てられるぞ、と心配になってくる。なかなか快調な小説だ。(角川春樹事務所 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  8. 8

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る