「天災と日本人」畑中章宏著

公開日: 更新日:

 日本各地の災害現場を歩き、土地に記憶された風習や伝承、信仰などを読み解きながら、天災と日本人の関係を考察した災害民俗学テキスト。

 平成26年、広島市安佐南区で74人が犠牲になった豪雨による土石流災害。同地区を含む阿武山一帯は古代から自然信仰の神の山としてあがめられ、中世以降は観音信仰の聖地だったという。奈良の長谷寺の十一面観音の縁起などを紹介しながら、各地に造立された数々の十一面観音像が治水や利水の象徴であることを明らかにしていく。

 その他、東日本大震災の被災地を歩く「地震と津波」、御嶽山噴火が記憶に新しい「噴火・山体崩壊」、そして「雪害・風害」まで。

 古代から現在まで日本人が災害とどう向き合ってきたかをたどる。(筑摩書房 820円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

もっと見る