• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「野球部ひとり」朝倉宏景著

 都立渋谷商業高校野球部の3年生が夏の大会を待たずに突然引退。

 野球部が8人になったことを知ったサッカー部からグラウンド使用権を引き渡すよう求められた新キャプテンの瑞樹は、部員を勧誘するが、誰も相手にしてくれない。顧問の岡島によると、他高校との合体チームでも試合出場は可能で、都立自由が丘高校の野球部は部員がたった1人だという。無用なポジション争いを避けるためにも最適の相手だが瑞樹は乗り気になれない。こちらは悪評高いヤンキー校だが、相手は偏差値70超えの進学校なのだ。しかし、背に腹は代えられず瑞樹は、自由が丘の1人野球部員・本多に会いに行く。

 ヤンキーと秀才、そして美少女マネジャーのにわかチームが甲子園を目指す青春小説。
(講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る