「野球部ひとり」朝倉宏景著

公開日:

 都立渋谷商業高校野球部の3年生が夏の大会を待たずに突然引退。

 野球部が8人になったことを知ったサッカー部からグラウンド使用権を引き渡すよう求められた新キャプテンの瑞樹は、部員を勧誘するが、誰も相手にしてくれない。顧問の岡島によると、他高校との合体チームでも試合出場は可能で、都立自由が丘高校の野球部は部員がたった1人だという。無用なポジション争いを避けるためにも最適の相手だが瑞樹は乗り気になれない。こちらは悪評高いヤンキー校だが、相手は偏差値70超えの進学校なのだ。しかし、背に腹は代えられず瑞樹は、自由が丘の1人野球部員・本多に会いに行く。

 ヤンキーと秀才、そして美少女マネジャーのにわかチームが甲子園を目指す青春小説。
(講談社 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る