「江の島ねこもり食堂」名取佐和子著

公開日:

 高2の佐宗麻布の家は江の島で民宿兼食堂〈半分亭〉を営んでいる。

 ある日、母が「荷物をまとめな。夜逃げするから」と言う。荷造りしていた母は繊細な装飾がついた貝のかんざしを、そっとポケットにしまった。一家は借金取りを騙し、船で島から逃げ出す。

 15年後、麻布は赤ん坊を連れて久しぶりに江の島を訪れる。見知らぬ女性が〈半分亭〉を引き継いでいて、注文した江の島丼は考案した麻布の祖父の味そのままだった。そして、その女性と麻布の因縁を解き明かしてくれたのは、曽祖母から代々託されてきた貝のかんざしだった。

 江の島の猫を守りながら食堂を営んできた家族の、100年にわたる物語。(ポプラ社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  10. 10

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

もっと見る