政党混乱、扇動政治家が暗躍 「分断される社会」を生きる

公開日:

「アメリカ分裂」井田正道著

 政党は混乱し、扇動政治家が暗躍し、社会は監視とイデオロギー対立でズタズタ。そんな分断社会の現代を読み解く――。

 社会の随所で対立が深刻化するアメリカ。単に共和・民主の2大政党が政治的に対立しているだけではない。党派対立に加えて隠れていた人種憎悪や階級反目までがあらわになっているのだ。

 その最大のきっかけはやはりトランプ当選。本書は3年前までアメリカ南部の大学に在籍した政治学者による“大統領選を通して見たアメリカの分断状況”の分析。

 特徴は国勢調査をはじめとする各種の統計データを使って読み解いていること。例えば、2012年大統領選の人種別投票率では白人の投票率(64・1%)を黒人が初めて上回って最上位(66・6%)となった。有権者の総数自体で、白人は長期低下傾向にあり、「白人国家」からの転落を予想させるが、12年選挙の時は現職のオバマが保守の反撃で苦境にあったことで黒人票が団結した反映とも考えられるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る