政党混乱、扇動政治家が暗躍 「分断される社会」を生きる

公開日: 更新日:

「アメリカ分裂」井田正道著

 政党は混乱し、扇動政治家が暗躍し、社会は監視とイデオロギー対立でズタズタ。そんな分断社会の現代を読み解く――。

 社会の随所で対立が深刻化するアメリカ。単に共和・民主の2大政党が政治的に対立しているだけではない。党派対立に加えて隠れていた人種憎悪や階級反目までがあらわになっているのだ。

 その最大のきっかけはやはりトランプ当選。本書は3年前までアメリカ南部の大学に在籍した政治学者による“大統領選を通して見たアメリカの分断状況”の分析。

 特徴は国勢調査をはじめとする各種の統計データを使って読み解いていること。例えば、2012年大統領選の人種別投票率では白人の投票率(64・1%)を黒人が初めて上回って最上位(66・6%)となった。有権者の総数自体で、白人は長期低下傾向にあり、「白人国家」からの転落を予想させるが、12年選挙の時は現職のオバマが保守の反撃で苦境にあったことで黒人票が団結した反映とも考えられるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る