• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

政党混乱、扇動政治家が暗躍 「分断される社会」を生きる

「アメリカ分裂」井田正道著

 政党は混乱し、扇動政治家が暗躍し、社会は監視とイデオロギー対立でズタズタ。そんな分断社会の現代を読み解く――。

 社会の随所で対立が深刻化するアメリカ。単に共和・民主の2大政党が政治的に対立しているだけではない。党派対立に加えて隠れていた人種憎悪や階級反目までがあらわになっているのだ。

 その最大のきっかけはやはりトランプ当選。本書は3年前までアメリカ南部の大学に在籍した政治学者による“大統領選を通して見たアメリカの分断状況”の分析。

 特徴は国勢調査をはじめとする各種の統計データを使って読み解いていること。例えば、2012年大統領選の人種別投票率では白人の投票率(64・1%)を黒人が初めて上回って最上位(66・6%)となった。有権者の総数自体で、白人は長期低下傾向にあり、「白人国家」からの転落を予想させるが、12年選挙の時は現職のオバマが保守の反撃で苦境にあったことで黒人票が団結した反映とも考えられるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る