政党混乱、扇動政治家が暗躍 「分断される社会」を生きる

公開日:

「アメリカ分裂」井田正道著

 政党は混乱し、扇動政治家が暗躍し、社会は監視とイデオロギー対立でズタズタ。そんな分断社会の現代を読み解く――。

 社会の随所で対立が深刻化するアメリカ。単に共和・民主の2大政党が政治的に対立しているだけではない。党派対立に加えて隠れていた人種憎悪や階級反目までがあらわになっているのだ。

 その最大のきっかけはやはりトランプ当選。本書は3年前までアメリカ南部の大学に在籍した政治学者による“大統領選を通して見たアメリカの分断状況”の分析。

 特徴は国勢調査をはじめとする各種の統計データを使って読み解いていること。例えば、2012年大統領選の人種別投票率では白人の投票率(64・1%)を黒人が初めて上回って最上位(66・6%)となった。有権者の総数自体で、白人は長期低下傾向にあり、「白人国家」からの転落を予想させるが、12年選挙の時は現職のオバマが保守の反撃で苦境にあったことで黒人票が団結した反映とも考えられるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る