「日本一の女」斉木香津著

公開日: 更新日:

 菜穂子は、曾祖母サダの三十三回忌のために、大分の実家に帰省。曾祖母が死んだ翌日に生まれた菜穂子は、自分はサダの生まれ変わりだと感じていたが、そう言うと両親や祖父母は、必ず嫌な顔をした。

 サダは家族の嫌われ者だったのだ。菜穂子は、生前のサダを知る菩提寺の先代住職から、誰も教えてくれなかった彼女の人生について話を聞くことに。臼杵の裕福な穀物商の長女に生まれたサダは、秀吉似のサル顔と歯に衣を着せぬ物言いで疎まれ、遠くの百姓家に嫁に出される。しかし、持ち前の頭の良さで実家から資金を引き出し、精米所を設立。家業を継いだ兄や良家に嫁いだ妹に負けじと働き、男の子ばかり9人を産み育てたという。女太閤と呼ばれたサダの人生を描く一代記。

(小学館 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    親の介護のために定年退職後はアルバイトを続けてきたが…

  4. 4

    夫フジモンは男を上げる格好に「男は黙って離婚」が正解か

  5. 5

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    阿部慎之助はこうして高等技術「ツイスト打法」を会得した

  8. 8

    官僚のみなさん怒ったら? どこまでも上から目線の菅長官

  9. 9

    「私なら辞める」河井案里議員は自分の発言を忘れたのか?

  10. 10

    梅宮辰夫が役者になった目的4つ いい女を抱く、酒を飲む…

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る