「日本一の女」斉木香津著

公開日:

 菜穂子は、曾祖母サダの三十三回忌のために、大分の実家に帰省。曾祖母が死んだ翌日に生まれた菜穂子は、自分はサダの生まれ変わりだと感じていたが、そう言うと両親や祖父母は、必ず嫌な顔をした。

 サダは家族の嫌われ者だったのだ。菜穂子は、生前のサダを知る菩提寺の先代住職から、誰も教えてくれなかった彼女の人生について話を聞くことに。臼杵の裕福な穀物商の長女に生まれたサダは、秀吉似のサル顔と歯に衣を着せぬ物言いで疎まれ、遠くの百姓家に嫁に出される。しかし、持ち前の頭の良さで実家から資金を引き出し、精米所を設立。家業を継いだ兄や良家に嫁いだ妹に負けじと働き、男の子ばかり9人を産み育てたという。女太閤と呼ばれたサダの人生を描く一代記。

(小学館 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る