「今日すべきことを精一杯!」日野原重明著

公開日:

 105歳を迎えた著者が、78歳のときに記した著作の新装版。53年に及ぶ医師としての人生を振り返りながら、「患者中心のあるべき医療の姿」を考察したエッセー集。

「「3つのV(Vision、Venture、victory)――ビジョンを描き、果敢に挑戦することによって、勝利への道が開かれる」を胸に生きることを教えてくれた牧師の父や、医学を志すきっかけとなった母の思い出。初めて担当した若い女性患者をみとって抱いた医師の仕事への疑問、米国留学中に患者と医師が対等であることを身をもって教えてくれた恩師、そして、自らの老いとの向き合い方など。

 常に患者のために、そして医療の未来のために尽くしてきたその生き方に学ぶ。(ポプラ社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る