• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マクソーリーの素敵な酒場」 ジョゼフ・ミッチェル著、土屋晃訳

 ジョゼフ・ミッチェルは、1938年から雑誌「ニューヨーカー」のスタッフライターとなり、以後、60年代半ばまで数多くの名物コラムを執筆。彼の興味は善人や偉人ではなく、もっぱら夢想家、偏執狂、詐欺師、狂信者といった社会の辺境にいるような人たちに向かい、そのユーモアを踏まえた洗練された文章は、多くの人たちから愛された。

 本書には、最初の著作「マクソーリーの素敵な酒場」から10編が収められている。冒頭の「故郷のなつかしき家」は、表題にあるニューヨーク最古の酒場「マクソーリーズ」の年代記。頑固に変化を拒否してきた歴代の主人たちや、店に集う近所の労働者や貧乏学生、年金暮らしの老人たちを丁寧にスケッチしていく。

 そのほか、「悪態防止連盟」創設者、ロングフェローの詩をカモメ語に翻訳しようとする「カモメ教授」、世界で一番長いヒゲを生やす女性のサーカス芸人といったユニークな人物が登場する。

 ミッチェルの作品がこうしてまとめて読めるのは、慶賀すべき壮挙。(柏書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る