• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「マクソーリーの素敵な酒場」 ジョゼフ・ミッチェル著、土屋晃訳

 ジョゼフ・ミッチェルは、1938年から雑誌「ニューヨーカー」のスタッフライターとなり、以後、60年代半ばまで数多くの名物コラムを執筆。彼の興味は善人や偉人ではなく、もっぱら夢想家、偏執狂、詐欺師、狂信者といった社会の辺境にいるような人たちに向かい、そのユーモアを踏まえた洗練された文章は、多くの人たちから愛された。

 本書には、最初の著作「マクソーリーの素敵な酒場」から10編が収められている。冒頭の「故郷のなつかしき家」は、表題にあるニューヨーク最古の酒場「マクソーリーズ」の年代記。頑固に変化を拒否してきた歴代の主人たちや、店に集う近所の労働者や貧乏学生、年金暮らしの老人たちを丁寧にスケッチしていく。

 そのほか、「悪態防止連盟」創設者、ロングフェローの詩をカモメ語に翻訳しようとする「カモメ教授」、世界で一番長いヒゲを生やす女性のサーカス芸人といったユニークな人物が登場する。

 ミッチェルの作品がこうしてまとめて読めるのは、慶賀すべき壮挙。(柏書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る