「マクソーリーの素敵な酒場」 ジョゼフ・ミッチェル著、土屋晃訳

公開日: 更新日:

 ジョゼフ・ミッチェルは、1938年から雑誌「ニューヨーカー」のスタッフライターとなり、以後、60年代半ばまで数多くの名物コラムを執筆。彼の興味は善人や偉人ではなく、もっぱら夢想家、偏執狂、詐欺師、狂信者といった社会の辺境にいるような人たちに向かい、そのユーモアを踏まえた洗練された文章は、多くの人たちから愛された。

 本書には、最初の著作「マクソーリーの素敵な酒場」から10編が収められている。冒頭の「故郷のなつかしき家」は、表題にあるニューヨーク最古の酒場「マクソーリーズ」の年代記。頑固に変化を拒否してきた歴代の主人たちや、店に集う近所の労働者や貧乏学生、年金暮らしの老人たちを丁寧にスケッチしていく。

 そのほか、「悪態防止連盟」創設者、ロングフェローの詩をカモメ語に翻訳しようとする「カモメ教授」、世界で一番長いヒゲを生やす女性のサーカス芸人といったユニークな人物が登場する。

 ミッチェルの作品がこうしてまとめて読めるのは、慶賀すべき壮挙。(柏書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出の不倫をチクリ “ホスト界の帝王”ローランドの新名言

  4. 4

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  5. 5

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  6. 6

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  7. 7

    徳勝龍の幕尻V盛り上がりで再燃 相撲ファンに白鵬“不要論”

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  10. 10

    渡辺謙は不倫にダンマリ…義理の息子を叱れない“不肖の父”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る