「最後はスマートに逝きたいね」の生前の言葉通りに

公開日:

「ふたりからひとり~ときをためる暮らし~それから」つばた英子・つばたしゅういち著

 著者夫婦は、山を削った造成地に丸太小屋を建て、土を耕し、木を植えて、長年、2人で自給生活を送ってきた。しかし、15年に夫のしゅういちさんが91歳で他界。残された妻の英子さんがその後の日々を語るとともに、老いをも楽しむように生きる2人の暮らしを語った生前のしゅういちさんの言葉を紹介する聞き語り集。

「最後はスマートに逝きたいね」と言っていた通り、何の前触れもなく突然逝ってしまった最愛の夫の最期、建ててから四十数年、古びるどころかどんどん趣を増す家のこと、ほどよいすき間が必要だという「夫婦なかよしの秘訣」、老後の備えも貯蓄もせず、今を生きることを大事にしてきたというその人生哲学など、飾らぬ言葉で、豊かに生きるとは、どういうことかを教えてくれる。(自然食通信社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る