「最強の24時間」長沼敬憲著

公開日: 更新日:

 人の体内には、眠くなる、お腹が減るといった基本リズムをつかさどる“時間遺伝子”が刻まれており、一日のうちでそれをするのに最適な時間というものがある。

 時間遺伝子の観点から見た最適な起床時間は7時間睡眠で朝6~7時起き。そして、しっかり朝日を浴びることで時計遺伝子がオンになる。

 仕事がはかどるゴールデンタイムは一日に2度あり、最初は交感神経が優位になりつつある午前8~10時。2回目はホルモンと体温上昇のピークが重なる16~18時だ。これらの時間帯には発想力が高まって思わぬアイデアが出たりするので、事務処理をするより企画を練るのに向いている。他にも食事時間や間食をとっても脂肪の蓄積が最小限で済む時間など、科学的に効果のある合理的な一日の過ごし方を紹介。(ダイヤモンド社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る