「最強の24時間」長沼敬憲著

公開日:

 人の体内には、眠くなる、お腹が減るといった基本リズムをつかさどる“時間遺伝子”が刻まれており、一日のうちでそれをするのに最適な時間というものがある。

 時間遺伝子の観点から見た最適な起床時間は7時間睡眠で朝6~7時起き。そして、しっかり朝日を浴びることで時計遺伝子がオンになる。

 仕事がはかどるゴールデンタイムは一日に2度あり、最初は交感神経が優位になりつつある午前8~10時。2回目はホルモンと体温上昇のピークが重なる16~18時だ。これらの時間帯には発想力が高まって思わぬアイデアが出たりするので、事務処理をするより企画を練るのに向いている。他にも食事時間や間食をとっても脂肪の蓄積が最小限で済む時間など、科学的に効果のある合理的な一日の過ごし方を紹介。(ダイヤモンド社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  6. 6

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  7. 7

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る