• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「最強の24時間」長沼敬憲著

 人の体内には、眠くなる、お腹が減るといった基本リズムをつかさどる“時間遺伝子”が刻まれており、一日のうちでそれをするのに最適な時間というものがある。

 時間遺伝子の観点から見た最適な起床時間は7時間睡眠で朝6~7時起き。そして、しっかり朝日を浴びることで時計遺伝子がオンになる。

 仕事がはかどるゴールデンタイムは一日に2度あり、最初は交感神経が優位になりつつある午前8~10時。2回目はホルモンと体温上昇のピークが重なる16~18時だ。これらの時間帯には発想力が高まって思わぬアイデアが出たりするので、事務処理をするより企画を練るのに向いている。他にも食事時間や間食をとっても脂肪の蓄積が最小限で済む時間など、科学的に効果のある合理的な一日の過ごし方を紹介。(ダイヤモンド社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る