「最強の24時間」長沼敬憲著

公開日: 更新日:

 人の体内には、眠くなる、お腹が減るといった基本リズムをつかさどる“時間遺伝子”が刻まれており、一日のうちでそれをするのに最適な時間というものがある。

 時間遺伝子の観点から見た最適な起床時間は7時間睡眠で朝6~7時起き。そして、しっかり朝日を浴びることで時計遺伝子がオンになる。

 仕事がはかどるゴールデンタイムは一日に2度あり、最初は交感神経が優位になりつつある午前8~10時。2回目はホルモンと体温上昇のピークが重なる16~18時だ。これらの時間帯には発想力が高まって思わぬアイデアが出たりするので、事務処理をするより企画を練るのに向いている。他にも食事時間や間食をとっても脂肪の蓄積が最小限で済む時間など、科学的に効果のある合理的な一日の過ごし方を紹介。(ダイヤモンド社 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

もっと見る