「密告はうたう」伊兼源太郎著

公開日:

 捜査1課から人事1課監察係に配属された佐良が命じられた仕事は、後輩の皆口の行動確認だった。彼女が免許証のデータを売っているというタレコミがあったのだ。

 皆口は殉職した斎藤刑事の婚約者だった。斎藤は捜査中に射殺されたが、犯人側に捜査情報が漏れていた可能性がある。

 佐良が見張っていると、皆口は午後11時半に外出してバーに入った。そこで会っていた男は斎藤の情報屋だった佐々木で、佐良の尋問に、皆口から未解決の目白の殺人事件への協力を依頼されたと答えた。佐々木だけでなく、皆口の周囲には同僚の宇田刑事や窃盗で依願退職した石黒元刑事らの姿が見え隠れする。複雑な人間関係が絡み合う警察小説。(実業之日本社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る