• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「密告はうたう」伊兼源太郎著

 捜査1課から人事1課監察係に配属された佐良が命じられた仕事は、後輩の皆口の行動確認だった。彼女が免許証のデータを売っているというタレコミがあったのだ。

 皆口は殉職した斎藤刑事の婚約者だった。斎藤は捜査中に射殺されたが、犯人側に捜査情報が漏れていた可能性がある。

 佐良が見張っていると、皆口は午後11時半に外出してバーに入った。そこで会っていた男は斎藤の情報屋だった佐々木で、佐良の尋問に、皆口から未解決の目白の殺人事件への協力を依頼されたと答えた。佐々木だけでなく、皆口の周囲には同僚の宇田刑事や窃盗で依願退職した石黒元刑事らの姿が見え隠れする。複雑な人間関係が絡み合う警察小説。(実業之日本社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  3. 3

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る