「日本の医療、くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一」真野俊樹著

公開日: 更新日:

 外国コンプレックスの強いせいか、「日本の医療は遅れているのではないか」などと思い込み、日本の医療に不信感を持っている日本人は多い。実際、日本人の医療満足度は世界の先進・新興22カ国中、最下位なのだそうだ。しかし、客観的データで見ると、それが間違いだとわかる。肺がんの手術後5年生存率は世界一だし、大腸がんのそれでも世界トップクラス。糖尿病の患者数を人口で割った糖尿病有病率も5.7%と米国(10.8%)、ロシア(9.2%)、中国(9.8%)などと比べて低い。日本の乳児死亡率も、1000人当たり2.1人と世界で最も低い。日本の医療は「自分は日本人でよかった」と思えるほど高い水準であることがわかる。

 著者は医師でありながら大手総合研究所の主任研究員を務めた大学院教授。この本は10年にわたる諸外国の現地調査の成果を基にしているという。(講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  4. 4

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  5. 5

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 7

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  9. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  10. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  11. 10

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

もっと見る