「日本の医療、くらべてみたら10勝5敗3分けで世界一」真野俊樹著

公開日:  更新日:

 外国コンプレックスの強いせいか、「日本の医療は遅れているのではないか」などと思い込み、日本の医療に不信感を持っている日本人は多い。実際、日本人の医療満足度は世界の先進・新興22カ国中、最下位なのだそうだ。しかし、客観的データで見ると、それが間違いだとわかる。肺がんの手術後5年生存率は世界一だし、大腸がんのそれでも世界トップクラス。糖尿病の患者数を人口で割った糖尿病有病率も5.7%と米国(10.8%)、ロシア(9.2%)、中国(9.8%)などと比べて低い。日本の乳児死亡率も、1000人当たり2.1人と世界で最も低い。日本の医療は「自分は日本人でよかった」と思えるほど高い水準であることがわかる。

 著者は医師でありながら大手総合研究所の主任研究員を務めた大学院教授。この本は10年にわたる諸外国の現地調査の成果を基にしているという。(講談社 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る