「プレイガイドジャーナルよ 1971~1985」村元武著

公開日: 更新日:

 東の「ぴあ」、西の「プレイガイドジャーナル」と並び称された、70~80年代のサブカルチャーを牽引した情報誌、通称「プガジャ」には、思い入れのある人も多いだろう。本書は、1971年の創刊編集長であり、その後も同社社長として雑誌の経営に関わってきた著者の手による回想録。

 同誌は単なる情報誌ではなく、自主製作映画作家の連続上映会、井筒和幸「ガキ帝国」の共同製作、黒テント、つかこうへい劇団、東京ヴォードヴィルショーなどの演劇公演プロデュース、「春一番」など関西フォークの音楽コンサートの主催、漫画家いしいひさいちを見いだし、ベストセラー「バイトくん」を刊行するなど、その活動は多岐にわたる。70~80年代を体感している人には、上記の名前を見ただけで懐かしさを覚えるはず。

 本書には、多様なジャンルで活躍した人たちの名前が細かな説明なしに羅列されていく。その名前をたどっていくだけでも、あの時代の空気、そして同誌の熱い思いが伝わってくる。(東方出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る