「誓います」ダン・サヴェージ著、大沢章子訳

公開日:  更新日:

 中心人物は、D・Jという養子を育児中のダンとテリーの同性カップル。本書は、ふたりがさまざまな外野の声に右往左往しつつも「結婚」について考え、互いが納得できる形を見つけていく過程をユーモラスに描いたノンフィクションだ。

 前書「キッド 僕と彼氏はいかにして赤ちゃんを授かったか」の続編である本書が執筆されたのは、2004年。キリスト教保守派の人々を中心に同性婚反対議論が巻き起こっていた時期にあたる。そんな社会的背景のなか、「悪運を呼び込みたくない」というダンと「ストレートのまねをしたくない」というテリーのカップルは、結婚など考えていなかったはずが、ふたりに結婚を勧める母親や「ずっと一緒にいる約束」のためにふたりの結婚を望み始めたD・Jの言葉に背中を押されるようにして、それぞれの本心をさらけ出す。

 ふたりの葛藤を通して、同性愛者が家族をつくることから排除される理不尽さと、結婚制度の意味を深く考えさせられる。(みすず書房 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る