「誓います」ダン・サヴェージ著、大沢章子訳

公開日: 更新日:

 中心人物は、D・Jという養子を育児中のダンとテリーの同性カップル。本書は、ふたりがさまざまな外野の声に右往左往しつつも「結婚」について考え、互いが納得できる形を見つけていく過程をユーモラスに描いたノンフィクションだ。

 前書「キッド 僕と彼氏はいかにして赤ちゃんを授かったか」の続編である本書が執筆されたのは、2004年。キリスト教保守派の人々を中心に同性婚反対議論が巻き起こっていた時期にあたる。そんな社会的背景のなか、「悪運を呼び込みたくない」というダンと「ストレートのまねをしたくない」というテリーのカップルは、結婚など考えていなかったはずが、ふたりに結婚を勧める母親や「ずっと一緒にいる約束」のためにふたりの結婚を望み始めたD・Jの言葉に背中を押されるようにして、それぞれの本心をさらけ出す。

 ふたりの葛藤を通して、同性愛者が家族をつくることから排除される理不尽さと、結婚制度の意味を深く考えさせられる。(みすず書房 3000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  4. 4

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  5. 5

    マエケンから一発の大谷 球宴HR競争出場をハーパー後押し

  6. 6

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  7. 7

    大谷の打撃をエ軍首脳陣“放任”へ 凡打での助言が今季激減

  8. 8

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  9. 9

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  10. 10

    スカウト部長は佐々木絶賛も…巨人ドラ1逡巡に原監督の影

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る