「疑薬」鏑木蓮著

公開日: 更新日:

 継父・誠一の経営する居酒屋「二歩」で働く生稲怜花。ある日、雑誌記者の矢島から「お母さんの失明の原因を調べています」と言われた。

 怜花の母・怜子はプロの三味線弾きだが、10年前、インフルエンザの治療で失明した。

 矢島から大阪の有料老人ホームでインフルエンザの死者が出たという新聞記事を見せられたが、その施設の顧問医師は怜子の治療をした三品元彦だった。使われた抗インフルエンザ薬も同じものだった。

 そして三品病院にいた治験コーディネーターの駒野浩美が行方不明になった。駒野は老人ホームのことで何かを知っていると矢島は言うのだ。

 新薬の副作用をめぐる医療ミステリー。(講談社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る