「進行がんは『免疫』で治す」角田卓也著

公開日: 更新日:

 がんは不治の病ではなくなりつつあるが、進行がんとなると抗がん剤しか打つ手がなくなり、克服が難しくなる。しかし今、最先端のがん免疫療法が、がん完治への道を開きつつあるという。その鍵を握るのが、「免疫チェックポイント阻害剤」だ。

 CTL(細胞傷害性T細胞)と呼ばれる免疫細胞は、がん細胞に対してスナイパーのように直接攻撃を仕掛ける頼もしい存在だ。しかし、活性化し過ぎると必要以上に体を痛めつけるため、ブレーキ役として働く分子も備わっている。増殖したがん細胞はこの仕組みを悪用し、CTLの働きにブレーキをかけることができる。そのため、なかなか免疫力を発揮することができないのだという。

 これまでの免疫療法では、免疫力強化、つまりアクセルを踏む力を強めることばかりに注力してきた。しかし今、この発想を変えてブレーキを解除する「免疫抑制解除療法」が誕生している。そのために用いられるのが「免疫チェックポイント阻害剤」であり、世界各国で研究が進み、日本国内でもすでに2種類が承認されている。

 現在、免疫チェックポイント阻害剤による奏効率(がん細胞が縮小もしくは消滅した割合)は20~30%。一見低いようだが、これは早期がんを含めない、末期がんのみを対象としたデータであり、大きな希望と言えるだろう。(幻冬舎 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  5. 5

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  6. 6

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  7. 7

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  8. 8

    小泉進次郎は実績ゼロの焦りから安倍首相の軍門に入り入閣

  9. 9

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  10. 10

    未婚世帯vs既婚世帯 生涯年金額「3900万円」の開きがある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る