「呼吸を変えると、人生が良くなる」倉橋竜哉著

公開日: 更新日:

 体の調子が悪いときには呼吸が不安定になるし、不安や焦りなど精神的に追い詰められているときには浅い呼吸になりがちだ。逆に、心身ともに満たされている場合には、呼吸は深くゆったりとしたものになる。ならば、逆に呼吸から整えることで、心身の状態を高めていこうというのが本書の試みだ。

 鍵となるのが、「息を吐き切る」こと。大きく息を吸うことばかりに意識が向きがちだが、まずは肺の中の空気をしっかりと吐くことに意識を向けなければ、たくさんの息を吸うことはできないので要注意だ。

 いつも間が悪く“自分には運がない”と感じている人には、幸運を呼び寄せる「ツキの呼吸法」がおすすめだ。椅子に座って手のひらを上に向けて太ももの上に置き、細く長く息を吐き切る。次に2、3秒息を止めて体の力を抜き、ゆっくりと吸う。このとき、少しずつ顔を上げていくのがポイントだ。正しい姿勢をキープしながら、胸を開いてスムーズに呼吸を行うことで、リラックスして心がクリアになり、良い選択をすることに役立つのだという。

 ほかにも、体を癒やす、トラウマを手放すなどの呼吸法を紹介。いずれも3分程度で簡単にできるので、日々の習慣にしてみては。(フォレスト出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る