「呼吸を変えると、人生が良くなる」倉橋竜哉著

公開日: 更新日:

 体の調子が悪いときには呼吸が不安定になるし、不安や焦りなど精神的に追い詰められているときには浅い呼吸になりがちだ。逆に、心身ともに満たされている場合には、呼吸は深くゆったりとしたものになる。ならば、逆に呼吸から整えることで、心身の状態を高めていこうというのが本書の試みだ。

 鍵となるのが、「息を吐き切る」こと。大きく息を吸うことばかりに意識が向きがちだが、まずは肺の中の空気をしっかりと吐くことに意識を向けなければ、たくさんの息を吸うことはできないので要注意だ。

 いつも間が悪く“自分には運がない”と感じている人には、幸運を呼び寄せる「ツキの呼吸法」がおすすめだ。椅子に座って手のひらを上に向けて太ももの上に置き、細く長く息を吐き切る。次に2、3秒息を止めて体の力を抜き、ゆっくりと吸う。このとき、少しずつ顔を上げていくのがポイントだ。正しい姿勢をキープしながら、胸を開いてスムーズに呼吸を行うことで、リラックスして心がクリアになり、良い選択をすることに役立つのだという。

 ほかにも、体を癒やす、トラウマを手放すなどの呼吸法を紹介。いずれも3分程度で簡単にできるので、日々の習慣にしてみては。(フォレスト出版 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る

人気キーワード