50歳を過ぎたら筋トレと骨トレが必須

公開日:

「ポキッ、ぐったり、ぷよぷよしない体をつくる自重筋トレ+骨トレ」比嘉一雄著

「筋トレはスポーツをやっている人がするもので、普通に生活する分には必要ない」。実はこれが通用するのは、50歳ぐらいまでの話だ。

 人間の筋肉は30歳をピークに年1%ずつ減少するが、40代までは若い頃に蓄えた筋肉でそれなりに行動できる。しかし、50歳を過ぎたら蓄えだけに頼っているわけにはいかなくなる。

 筋トレをして筋肉を増やしてやらなければ、代謝が落ちてどんどん太りやすくなるだけでなく、活動の幅も狭くなってしまうのだ。

 すでに筋力が落ちていたら筋トレすらままならないが、そんな人でもできるのが、本書が勧める「自重」だけで行うトレーニングだ。例えば、最近歩くスピードが遅くなったという人は、すでに太ももやお尻の筋肉量が著しく減少している可能性があるため、スクワットがお勧めだ。

 肩幅よりやや広めに脚を開き、両腕は前に伸ばす。次に、お尻を突き出すように腰をゆっくり落とす。太ももと床が平行になるぐらいまで腰を落とすのが理想だ。このとき、膝がつま先よりも出ないように注意。後ろにある椅子に腰かけるイメージで腰を落としていくといい。1日10回×3セット行えば、下半身の筋力がアップして若い頃のようにさっそうと歩けるようになるはずだ。

 本書では、トントンと叩くだけでできる骨トレもあわせて紹介。10年後もイキイキと活動したいなら、今日からでも始めよう。

 (祥伝社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る