「アリ対猪木」ジョシュ・グロス著、棚橋志行訳、柳澤健監訳

公開日:  更新日:

 アントニオ猪木との異種格闘技戦が決まったとき、アリは言った。

「前々から俺はレスラーと戦ってみたかった。一発パンチを当てればそれで終わりだ」

 70年代のアメリカではマルチジャンルのスポーツ選手を対決させるリアリティーショーがはやっていたが、アリはショーを見せるのではなく、自分が史上最強のファイターだと証明したかったのだ。猪木は試合開始後すぐ、アリのパンチを避けるためにリングにあおむけになり、足払いと脚への蹴りという作戦を取った。15ラウンドを終えたとき、アリの有意の打撃は6度で一度もパワーパンチを打たなかったが、猪木の攻撃は78度アリをとらえた。歴史的一戦の真実に迫るノンフィクション。(亜紀書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る