「アリ対猪木」ジョシュ・グロス著、棚橋志行訳、柳澤健監訳

公開日: 更新日:

 アントニオ猪木との異種格闘技戦が決まったとき、アリは言った。

「前々から俺はレスラーと戦ってみたかった。一発パンチを当てればそれで終わりだ」

 70年代のアメリカではマルチジャンルのスポーツ選手を対決させるリアリティーショーがはやっていたが、アリはショーを見せるのではなく、自分が史上最強のファイターだと証明したかったのだ。猪木は試合開始後すぐ、アリのパンチを避けるためにリングにあおむけになり、足払いと脚への蹴りという作戦を取った。15ラウンドを終えたとき、アリの有意の打撃は6度で一度もパワーパンチを打たなかったが、猪木の攻撃は78度アリをとらえた。歴史的一戦の真実に迫るノンフィクション。(亜紀書房 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  5. 5

    コンサル派遣で病院支援…官民ファンド“焼け太り”の裏事情

  6. 6

    石田純一「法的手段も考えている」の裏に理子夫人への鬱積

  7. 7

    マスクが着用できない自閉症児を搭乗拒否…航空会社に賛否

  8. 8

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    石田純一芸能界コロナ離婚第1号か 妻の東尾理子が怒り心頭

もっと見る