中高年のニオイ対策には胸の中心と後頭部を洗え

公開日: 更新日:

 風呂に入れば消える汗臭さとは異なり、なかなか抑えられないのが加齢臭。自分では気づくことができないのもやっかいなところだ。奈良巧著「におわない人の習慣」(草思社 1200円+税)では、中学生の頃からワキガに悩まされてきたニオイ対策のベテランという著者が、加齢臭の原因と対処法について紹介している。

 加齢臭という言葉は、1999年に資生堂が“高齢者特有のニオイのもと”を発見した際に命名されたもの。ニオイのもとは脂肪酸と過酸化脂質が反応してできる「ノネナール」で、40代以上で発生するとされている。さらに、2013年にはマンダムが「ミドル脂臭」という言葉で中高年特有の脂っぽいニオイを解明。ジアセチルという有機化合物と細菌による皮脂の代謝物質が原因で、加齢臭よりも強いニオイを発するそうだ。

 オジサンはクサイという事実を突きつけられるのはショックだが、原因が解明されているならば頑張って対策するしかない。“加齢臭は耳の後ろから臭ってくる”という話を聞いたことがあるが、一番の発生源というわけではない。洗い忘れやすい場所であり、鼻の位置にも近いため臭いやすくなるのだという。ライオンの研究所で行われた実験では、体の中でもっとも脂っぽいニオイが強いのは胸の中心部であることが分かっているため、加齢臭対策にはここを重点的に洗うようにしたい。

 マンダムでは、ミドル脂臭が強く、対処が必要な場所を後頭部・首の後ろとしており、後頭部を重点的に洗うことを推奨している。当然シャンプーで洗っているはずだが、男性のシャンプーにかける時間は1分程度と非常に短く、とくに後頭部は最後にザッと手を回すだけという実態が明らかになっている。さらに、ミドル脂臭は洗っても6時間で復活してしまう。夜にシャンプーしても、朝にはムンムンと臭っているというわけだ。“朝シャン”がお勧めだが、そんな時間はないという忙しいビジネスマンのために、マンダムでは後頭部と首の後ろを拭くためのデオドラントペーパーを発売している。

 著者が効果を実証したニオイ対策商品や、ニオイを抑える食習慣なども紹介。もうクサイとは言わせない!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る