いい男の条件は金でも見た目でもなく「オーラ」だ

公開日:

 世の中には、“なのに男”なる生き物が大勢いる。「見た目はイマイチなのにカッコいい」「学歴は普通なのに知性が感じられる」「年収が高いわけではないのにリッチに見える」など。これらの男たちに共通するのは、「オーラがある」ということだ。

 一方、“逆なのに男”も存在する。金持ち、イケメン、高学歴などの好条件があるのに、オーラがないばかりに魅力が半減し、何だかウザい……というタイプだ。

 潮凪洋介著「『男のオーラ』のつくり方」(宝島社 1300円+税)では、著者が出会ってきたオーラのある男たちを分析し、心構えや恋愛術などのカテゴリー別にオーラのある男になるための実践テクを伝授していく。

 仕事の質を上げるため、部下のミスや瑕疵をチェックして120%を目指すのが管理職の務めだ。しかし、このチェック癖をプライベートにまで発揮するのはよくない。ここがダメ、あそこをやり直しなど細かいことを言う男は、魅力株を急降下させオーラも色あせる。

 そこで、仕事と切り離された時間ではポジティブワードを使うことを心がけたい。例えば、相手が妻や友人など親しい場合ほど、的外れな意見を言われると真っ向から否定したくなるが、ここはグッと我慢し、「創造的だね」などポジティブな感想を伝える。その上で「でもね……」と続ければ、相手に対して否定した痕跡を残さずに済む。“受け入れられた”とすら感じさせることにもなり、あなたの懐の深いオーラがビシバシ伝わるはずだ。

 女性にモテようとして媚びる男には、一生オーラをまとうことはできない。それでは、どんな立ち居振る舞いがベストなのか。まず、“ありのままの自分をどうぞ”というぐらいの居直った状態で女性と接すること。堂々としていた方が、良いオーラが出るものだ。しかし、女性に対して無関心ではいけない。「髪切ったの? 似合ってるね」「そのピアス、すてきだね」など、女性の変化を敏感に察知してさりげなく褒めてみよう。男は女性を褒めることで一種の発情状態になり、艶やかなオーラが放たれるものだ。

 本書には152のテクが掲載されている。1日ひとつずつ実践し、オーラ漂う「いい男」を目指してみては。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る