• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「鎖国の地球儀」松尾龍之介著

 江戸時代に長崎の天文地理学者・西川如見が著した日本初の世界地誌「華夷通商考」。鎖国の時代にオランダ船から得た情報を基に世界事情を紹介したこの本は、ベストセラーになったという。

 江戸時代の人々は、出島という小さなのぞき窓から見えた世界をどのようにとらえていたのか。本書は、そんな当時の世界の見方が見えてくる「華夷通商考」を現代語訳し、イラストとともに解説文を加えた貴重な一冊だ。

 興味深いのは、全5巻のうち中国が縁の深い国として2巻を割いて紹介されており「外国」とはされていないことだ。

 中国以外で漢字を用いる国を「外国」とし、漢字を用いない国を「外夷」として、外夷をどこか下に見るように分けて考えている。

 特産品までが、事細かに書かれている中国に対して、縁もゆかりもない国をまとめた5巻「夷狄戎蛮」には小人国などのホラ話のような逸話も。

 鎖国時代の人々の、旺盛な好奇心を垣間見ることができる。

(弦書房 2300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

もっと見る