• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「医者の9割はうつを治せない」千村晃氏

 今や100万人にも及ぶうつ病患者。国民病ともいうべきこの“病”の対策に政府は力を入れているが、患者数が減る気配はない。その理由は何と、タイトルにもあるように「医者の多くがうつ病を治せない」からだという。

「そもそもうつ病患者が増えた背景には、政府による自殺予防対策が根底にあるんですね。自殺者が多いのは職場のパワハラや残業でうつになるからだと考え、ならば、うつ病を減らそう、と早期発見に力を入れるようになりました。同時に、ネットを通じてうつの情報が広がり、自己診断する人が増加。医者は患者の訴えを否定する確証はありませんから、最終的にはうつの診断を下さざるを得ない。今の社会には、“うつ”というゴールに向かってシナリオが出来上がっているんです」

 著者は現役の精神科医。独自の診察方法で2000人の患者を快方に向かわせた経験から、メンタルの医療現場で起こっている誤解だらけの治療と患者の置かれた環境に警鐘を鳴らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る