「医者の9割はうつを治せない」千村晃氏

公開日:

 今や100万人にも及ぶうつ病患者。国民病ともいうべきこの“病”の対策に政府は力を入れているが、患者数が減る気配はない。その理由は何と、タイトルにもあるように「医者の多くがうつ病を治せない」からだという。

「そもそもうつ病患者が増えた背景には、政府による自殺予防対策が根底にあるんですね。自殺者が多いのは職場のパワハラや残業でうつになるからだと考え、ならば、うつ病を減らそう、と早期発見に力を入れるようになりました。同時に、ネットを通じてうつの情報が広がり、自己診断する人が増加。医者は患者の訴えを否定する確証はありませんから、最終的にはうつの診断を下さざるを得ない。今の社会には、“うつ”というゴールに向かってシナリオが出来上がっているんです」

 著者は現役の精神科医。独自の診察方法で2000人の患者を快方に向かわせた経験から、メンタルの医療現場で起こっている誤解だらけの治療と患者の置かれた環境に警鐘を鳴らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る