「医者の9割はうつを治せない」千村晃氏

公開日:

 近頃では、心療内科とは無関係な皮膚科医や透析医がメンタルクリニックを開業するケースも増えている。無駄な時間を費やさないためにも、受診の際は医師の経歴もチェックしたほうがよさそうだ。

「うつになると本人はもちろん、家族も心配になりますが、治療を通して根っこに気づけば、いろいろなことが転換するチャンスでもあります。うつ患者にとって大切なのは、問題に向き合う勇気。きっと良くなるので希望を持ってほしいですね」(祥伝社 1300円+税)

▽ちむら・あきら 1952年、東京生まれ。精神科医。千村クリニック院長。千葉大学医学部卒業後、東京厚生年金病院ICU麻酔科などでER救急・脳外科での診療を経て2004年に開業し、薬に頼らない自然な治療を実践。著書に「これからはメンタル美人」「薬に頼らない個々に合ったうつ病治療」など。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る