「医者の9割はうつを治せない」千村晃氏

公開日: 更新日:

 高圧的な上司がきっかけでうつになった男性患者Aさん。ところが上司が代わっても改善しない。著者が何カ月もかけて対話を続けると、Aさんは子供の頃、父親によく怒鳴られた体験を思い出したことで、上司に対する恐怖感が徐々に薄れたという。また、子供の頃のきょうだい間の待遇差が尾を引いて自信がなかったHさん、倦怠感からうつ病と診断されていたものの、血液検査を促したところ甲状腺機能の低下が見つかったKさんなど、本書には意外な事例がつづられている。

「うつは解明し切れていないので、医者も患者も誤解している面は多いと感じます。『楽しんで仕事をしている人はうつにならない』『休職中は規則正しい生活を』などは“うつの常識”とされていますが、勘違い。うつの原因は人それぞれですから、他人のケースに当てはめて考えること自体ナンセンスです。体験記など参考にしたくなるでしょうが、あまり役に立たないことを患者自身も知ってほしいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  10. 10

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

もっと見る