• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「医者の9割はうつを治せない」千村晃氏

 高圧的な上司がきっかけでうつになった男性患者Aさん。ところが上司が代わっても改善しない。著者が何カ月もかけて対話を続けると、Aさんは子供の頃、父親によく怒鳴られた体験を思い出したことで、上司に対する恐怖感が徐々に薄れたという。また、子供の頃のきょうだい間の待遇差が尾を引いて自信がなかったHさん、倦怠感からうつ病と診断されていたものの、血液検査を促したところ甲状腺機能の低下が見つかったKさんなど、本書には意外な事例がつづられている。

「うつは解明し切れていないので、医者も患者も誤解している面は多いと感じます。『楽しんで仕事をしている人はうつにならない』『休職中は規則正しい生活を』などは“うつの常識”とされていますが、勘違い。うつの原因は人それぞれですから、他人のケースに当てはめて考えること自体ナンセンスです。体験記など参考にしたくなるでしょうが、あまり役に立たないことを患者自身も知ってほしいですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る