• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「医者の9割はうつを治せない」千村晃氏

 体の病と違って心の病であるうつに、決定的な治療法は見つかっていない。

 そのため医者の多くは、定型的治療に当てはめるだけだったり、精神科医のバイブルで診断マニュアル「DSM」に沿って薬を処方するだけという。

 しかし、抗うつ剤は症状を緩和するだけで根本治療にはならず、同じ理由から長期休養を取得させても再発するなどの問題が起こっている。

 こうした現実を医者が気づいていないことが多い、と著者は指摘する。

「うつの原因として、人間関係など目の前の問題を注視しがちですが、実は生い立ちや過去の環境などが影響していることが多々あるんですね。だから、もっとも適した治療法は、患者の話を聞き、原因となった問題を認識し、不安を取り除くことなんです。そうすれば、ほとんどのうつは治ります。でも、原因の根っこを探り当てるのは、やってみないと分からない。手間も時間もかかりますが診療費は一緒なので、あえて手を出さない医者もいるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事