• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「医者の9割はうつを治せない」千村晃氏

 体の病と違って心の病であるうつに、決定的な治療法は見つかっていない。

 そのため医者の多くは、定型的治療に当てはめるだけだったり、精神科医のバイブルで診断マニュアル「DSM」に沿って薬を処方するだけという。

 しかし、抗うつ剤は症状を緩和するだけで根本治療にはならず、同じ理由から長期休養を取得させても再発するなどの問題が起こっている。

 こうした現実を医者が気づいていないことが多い、と著者は指摘する。

「うつの原因として、人間関係など目の前の問題を注視しがちですが、実は生い立ちや過去の環境などが影響していることが多々あるんですね。だから、もっとも適した治療法は、患者の話を聞き、原因となった問題を認識し、不安を取り除くことなんです。そうすれば、ほとんどのうつは治ります。でも、原因の根っこを探り当てるのは、やってみないと分からない。手間も時間もかかりますが診療費は一緒なので、あえて手を出さない医者もいるかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る